スタッフBLOG(コート丈とコートの種類)


5月になり、少し汗ばむ日も多くなりました。
お花が美しいこの季節、

着物でお出かけされる機会も

多いのではないでしょうか。


むかしは、5月の末まで袷を着ていましたが、

今では、温暖化に伴い、

5月は単衣を着るのがほぼ一般的となっています。


この季節、薄物のコートを羽織るべきか

どうしようかと悩みますよね。


裏地の付いていない、

紋紗などの生地の薄物のコートを

お持ちの方は多いと思います。

一年中着れるコートとして、

お作りになられたと思います。

一年中とは言っても、汗ばむほど暑い日に、

わざわざコートを着る必要はないと思います。

最近は、真夏でも、建物の中や乗り物の中は、

クーラーが効いていて、寒い事が多いので、

薄物のコートを持っていて、

気温に合わせて脱ぎ着の

調節をすると良いと思います。

特に、乗り物に乗る時は、帯を守るために、

コートを着ておくと良いですね( ^ω^ )

また、帯のお太鼓を剥き出しにするのを

避ける地域もあるようで、

帯隠しとして、コートを羽織ることもあるようです。

ただ、必ず着なければならない

と言う決まりは無いので、

そこは臨機応変に対応してくださいね。

また、コートの丈ですが、

今は膝より下のものが一般的となっています。

昭和の中頃に作られたものは、

膝上の物がほとんどでしたが、

今は大正時代と同じように、

ロング丈で作られています。

着物は長くしたり、短くしたり、

お直しが出来ることが多いのですが、

羽織やコートは、生地を切ってしまってあるので、

残念ながら、丈を伸ばす事は出来ません。

丈の短い羽織りやコートは、

名古屋帯などにリメイクしてみると、良いかと思います♪

羽織とコートはどのように使い分ければ

良いかと思っておられる方も多いかと思います。

まず、羽織は、建物の中に入っても脱ぐ必要は無いのですが、

コートは脱がなければなりません。

羽織は洋服で言うところのカーディガンのようなものですね。

羽織は、カジュアルな着物の上にしか着れません。

羽織を留袖や、紋の付いた着物や、

フォーマルな訪問着の上に羽織るのはNGです。

コートはフォーマルでも、

カジュアルでもどちらでも着れます。

冠婚葬祭にも、もちろん着れますので、

寒い時の防寒には、

裏地の付いたコートを一枚は準備しておくと良いですね。

羽織は紬や小紋などのしゃれ物に合わせて使います。

コートのように前を打ち合わせ無いので、

中に着ている着物や帯が見えますので、

そのコーディネートを楽しむことができます。

寒いから着るというだけのものでは無く、

コーディネートを楽しむというのは、

なんともおしゃれなアイテムですね。

お袖の無いベストのような

陣羽織と言うものもあります。

夏の暑い日に紋紗の透けた素材の陣羽織を

颯爽と羽織って歩く姿も、かっこいいですね( ^ω^ )

皆様もぜひ、

コートや羽織を楽しく活用してお召し下さいませ★

お着物のご相談ございましたら

お問合せくださいませ( ^ω^ )

お問合せは →  こちらから 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です