このページを編集する

地元京都に愛されて112年。 成人式の振袖選びなら着物専門店の京都まるなかへ。

ご来店予約はコチラ

 2022年4月  

SunMonTueWedThuFriSat
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
知って得する!まるなかブログ
振袖準備 @まるなか
2022年04月14日 0 Comment
 

振袖専門店の京都まるなか呉服店です!

八幡市・松井山手・京都市・宇治市・枚方市・城陽市・京田辺市・

久御山町・宇治田原町・精華町・大山崎町・

京都市内から大阪まで幅広く振袖のたくさんのご来店を頂いております。

成人式はもちろん、前撮り撮影、卒業袴、着物クリーニングなど。

振袖の事なら京都まるなかにお任せ下さい。

大切な人生の節目京都まるなかがサポートさせて頂きます! 

振袖選びをお考えの来年、再来年成人のお嬢様やご家族様の中には
「家族も着物を着ないし、振袖や帯の他にどんなものを準備したらいいか分からない」
と不安に思われている方もおられるかと思います。
 
そこで、今回は振袖を安心して着られるように「振袖の準備に必要なもの」の
お話し其の二(其の一は3/14ブログ)を進めて参ります。
 
 
 
【振袖一式】
 
    振袖
    袋帯
    長襦袢・半衿(刺繍衿)
【小物・装飾】
 
    重ね衿(伊達衿)
    帯揚げ
    帯締め
    草履
    バッグ
    ショール
    髪飾り
    足袋
 
【着付け小物/肌着】
 
    和装用肌着(和装ブラ/肌襦袢/裾除け)
    コーリンベルト
    衿芯
    伊達締め/和装ベルト
    腰ひも
    帯枕
    前板/後板
    三重仮紐
    タオル
 
___________________________
___________________________
 
 
 
前回の其の一で【振袖一式】【小物・装飾】まで詳しくお話致しました。
 
振袖、袋帯、長襦袢、小物等は何となく分かるけど、【着付け小物】って言われても、
どんな物が必要なのと思われる方も多いと思います。
 
前回の其の一と重複する所もありますが、順番にお話していきます。
 
 
 
 
【着付け小物/肌着】
 
 
着付けに必要な肌着や小物は以下の通りです。
 
    和装用肌着(和装ブラ/肌襦袢/裾除け)
    コーリンベルト
    襟芯(襟カラー)
    伊達締め/和装ベルト(2本)
    腰ひも(5~6本)
    帯枕
    前板/後板
    三重仮紐
    タオル(5~6枚)
 
 
着付けの方法は色々あり、担当する着付け師さんや振袖を着る人の体型によって、
必要なものの本数や枚数が多少変化します。基本的には指示された個数用意しましょう。
 
最近はすべてがセットになった和装小物セットなども販売されているので、
一式欲しいという人はセット購入がいいでしょう。
 
セットによって肌襦袢が入っていない、後板がないなど内容物が異なるので、
自分の欲しいものが入っているかはしっかりチェックが必要です。
 
 
・和装用肌着(肌襦袢/裾除け/和装ブラ)
 
長襦袢の下に着る下着はいつものブラジャーなどではなく、
ワイヤーのない和装ブラジャーと肌襦袢を使います。
 
肌襦袢や裾避けは、長襦袢を着る前に身に着けるものです。
肌に直接付けることから肌襦袢と呼ばれています。
 
肌襦袢には、下半身に着ける「裾避け」という肌着と、
上半身だけの肌着の2つに分かれているものと、ワンピースタイプのものがあります。
 
上半身の肌着はキャミソールやヒートテックなどでも代用できるのですが、
その場合首元から肌着が見えてしまうことがあるため、衿ぐりが広めのものを選びましょう。
 
 
・コーリンベルト
 
コーリンベルトは、振袖の衿元を美しくキープするために使われる和装小物です。
これがあると衿元が動かず着崩れしにくくなります。
 
 
・襟芯(襟カラー)
 
衿芯は、長襦袢の衿の部分に通して使います。衿に張りを持たせる役割があり、
衿元が綺麗に見えます。
 
ちなみに襟芯は忘れやすい小物ナンバーワンなので、特に注意しましょう。
 
 
・伊達締め/和装ベルト(2本)
 
伊達締めは、10センチほどの幅の紐の事で、長襦袢の衿を安定させるもの、
着物の衿合わせを安定させ、おはしょりをキレイに整えるためのものと2本使います。
 
弾力のあるゴム状の素材で出来ていて、マジックテープで止めるタイプのものを
和装ベルト、マジックベルトなどとも言います。
(和装ベルトはコーリンベルトや、ゴム製の腰ひもを指している場合もあるので、
 用意するものの内容をよく確認しておきましょう。)
 
 
・腰ひも、胸ひも(5~6本)
 
腰ひもは着物がはだけないようにしたり、着物の裾が落ちないように固定する紐です。
長襦袢の胸元、着物の腰ひも、着物の衿元に主に使いますが、
襦袢が長い時や補正などにも使うため、5~6本用意しておくと安心です。
 
着付けを行う人によって必要な本数が異なる場合があるので、
指示通りの本数を持っていくようにしましょう。
 
 
・帯枕
 
帯枕は帯の背中側に着ける事で帯結びの形を整える役割をします。
帯枕の中にも厚さに違いがあり、振袖の場合は厚みのある枕がおすすめです。
 
 
・前板/後板
 
前板は、帯の前の部分にしっかりとした張りを出すため、帯の間に挟んで使います。
また後板は、成人式の帯結びの時などに使用します。
しっかりと硬さのある物を選びましょう。
 
成人式の帯結びは、お太鼓と違って後ろの胴に巻き付けた部分も見えるので、
帯に張りを出し、しわなくキレイに見せるために、前板と同じく帯の間に挟んで使います。
 
 
・三重仮紐
 
三重仮紐は、袋帯で変わり結びをする時に便利です。
紐の真ん中に三層のゴムが付いていることから、三重仮紐と呼ばれています。
 
この重なったゴムの間に帯を通すことで、複雑で美しい変わり結びを簡単に作る事ができます。
 
 
・タオル(5~6枚)
 
タオルは肌着の上から腰に巻き付け、着物が似合う寸胴型の体型に整えたり、
畳んで背中に当てて、帯のすわりをよくしたり、美しい鳩胸を作るために胸元に置いたりと、
補正に使用します。
 
補正は、美しい着姿を作るために非常に大切です。
細い女性や、凹凸のあるボディラインの人の場合は、特にタオルを何枚も使います。
枚数は着付けをする人によって異なりますが、5~6枚用意しておくと安心でしょう。
 
補正で使うタオルは、毛足の長いふかふかした高級なタオルではなく、
厚みを調節できる薄手のタオルを用意しましょう。
 
粗品として貰ったものや、100円均一のタオルで十分です。
 
タオルの他にも、ウエストパット、ヒップパッドなどの和装用の補正グッズや、
補正用カット綿があるとより便利です。
 
 
 
 
【まとめ】
 
細々とした小物を含めると、着物を着るのに必要なもが意外と多い事が分かりますが、
どれも美しい着姿のためには欠かせないものです。
 
普段なかなか着る機会の無い振袖だからこそ、念には念を入れて準備をし、
晴れ姿を思う存分楽しみましょう。
 
 
 
 
京都まるなか呉服店では、より良い成人式をお迎え頂けるように、
スタッフ一同、誠心誠意お手伝いをさせて頂きます。
 
 
当店では、振袖の購入、レンタルでお考えの方、またはお母様の振袖でお考えの方、
是非お気軽にご相談ください。
 
 
スタッフ一同、誠心誠意お手伝いをさせて頂きます。
 
 
是非、皆様のご来店を心からお待ちしております。 

タグ: 京都まるなか  成人式  18歳誕生日  19歳誕生日  スタジオマリア  振袖小物  八幡市成人式  枚方市成人式  京田辺成人式  宇治市成人式  城陽市成人式  久御山成人式  京都市振袖  京都市成人式  宇治田原成人  成人式ヘアー  成人式メイク  振袖コーディネート  京都振袖  振袖メイク  はたち  振袖  晴れの日  京都振袖レンタル  振袖購入  振袖リメイク  ママ振り 

コメントの投稿

Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code