このページを編集する

地元京都に愛されて110年。 成人式の振袖選びなら着物専門店の京都まるなかへ。

ご来店予約はコチラ

 2021年4月  

SunMonTueWedThuFriSat
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
知って得する!まるなかブログ
成人式 雨準備@まるなか
2021年04月19日 0 Comment

振袖専門店の京都まるなか呉服店です!
八幡市・松井山手・京都市・宇治市・枚方市・

城陽市・京田辺市・

久御山町・宇治田原町・精華町・大山崎町・

京都市内から大阪まで幅広く振袖のたくさんのご来店を頂いております。

成人式はもちろん、前撮り撮影、卒業袴、着物クリーニングなど。

振袖の事なら京都まるなかにお任せ下さい。

大切な人生の節目京都まるなかがサポートさせて頂きます。



新学年がスタートしましたが、もう皆様は新しいリズムに慣れられましたでしょうか。
今年はコロナの影響を受けて、各地でいつもと違う季節に成人式をされた市町村がありました。
この辺りでも、枚方市が3月28日に成人式を行いました。
当日は桜が満開で、とてもきれいな春の日となりました。
ただ、朝から雨が降り、お嬢様方からも、お外での写真撮影が出来ず、残念だったとのおはなしをお聞きしました。
枚方市は成人式会場が、数年前から、各中学校になっています。それゆえに成人式が3月28日に延期され、
自分達が卒業した母校で、桜が満開の中学校に集まり、成人の日を祝うなんて、とても感動的で、きっと素敵な思い出になったこと間違いなしですね。
「雨さえ降らなければ、完璧だったんだけどなぁ」と、あるお嬢様がおっしゃっておられました。
…しかしそこはお天道様のことと、大目に見てあげて下さいませ。

雨といえばウチの娘の成人式の日は土砂降りの雨だったのを思い出します。
平成25年(2013年)の成人式だったと思います。朝から、バケツをひっくり返したような雨で、
振袖に着替えたお嬢様方も、お迎えの車に乗り込むのすら、至難の業でした。
お母様方も、予想外の出来事にかなり気を揉んでおられました。着替えた振袖の裾をからげて、
長靴を履いて車に乗り込んでおられる方々もおられました。
成人式の日のお天気は選ぶことができ無いものですので、雨の時にどうすれば良いのかをちょっとだけ知っておくと便利かもしれません。

まず、成人式のように、お出掛けの日が動かせず、決まっている時には、
数日前に天気予報をチェックしておいて下さいね。
お店では、雨の日用のレインコートや草履カバーを販売しております。
でも、数に限りがありますので、事前に準備をしてお求め下さいませ。
一週間くらい前ですと、お取り寄せも可能になり、色もお選びいただけます。
草履には、草履カバーがございます。草履をすっぽりと包み、
足先も保護カバーがございますので、足袋が濡れなくて良いですね。
それでも歯が立たないほど、あまりに激しい雨の時には、履き替え用の足袋を持って行き、
会場に着いたら履き替えると安心です。でも、振袖を着て、帯を締めて、
足袋を履き替えることなんて、かなり難しいですよねー。
そんな時は、たびカバーという優れ物を利用すると良いですよ。
足袋の上にもう一枚、足袋を重ねて履いた状態になります。

足袋カバーは、化繊のストレッチ素材で着脱がしやすく、立ったままでもサッと脱ぐことができます。
お出掛け前に履いておいて、会場に着いたらサッと脱ぐ!これなら、お嬢様一人でも出来ますよ。

そして何より雨対策には、振袖にパールトーンなどの撥水加工をしておくのが一番です。
雨の雫や泥はね汚れなどから振袖を守ってくれる強い味方です。
お母様の振袖をお召しの時でも、パールトーンなどの撥水加工をかけることができますので、ぜひお店でご相談くださいませ。

これから成人式をお迎えの皆様、ぜひ早目にご準備をしていただき、わからないことは色々お店でご相談くださいませ。皆様のご来店をお待ちしております。

タグ: 京都振袖  八幡振袖  宇治振袖  城陽振袖  枚方振袖  松井山手振袖  京田辺振袖  伏見振袖  宇治田原振袖  井手振袖  精華振袖  京都成人式  八幡市成人式  宇治市成人式  城陽市振袖  枚方市成人式  京田辺市振袖  宇治田原成人式  井手町成人式  振袖購入  振袖レンタル  振袖リメイク  振袖リメイク  ママ振り  18歳  19歳  20歳  振袖ヘアー  振袖メイク  振袖ネイル  振袖コーディネート  はたち  久御山振袖  久御山成人式  大山崎振袖  大山崎成人やわ式  晴れの日  振袖着まわし  振袖価格  前撮り撮影  きもの  晴れ着  二十歳  大阪振袖  成人式 

コメントの投稿

Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code