このページを編集する

地元京都に愛されて110年。 成人式の振袖選びなら着物専門店の京都まるなかへ。

ご来店予約はコチラ

 2020年4月  

SunMonTueWedThuFriSat
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
知って得する!まるなかブログ
振袖手入れ@まるなか
2020年04月21日 0 Comment
振袖専門店の京都まるなか呉服店です!

八幡市・松井山手・京都市・宇治市・枚方市・城陽市・京田辺市・

久御山町・宇治田原町・精華町・大山崎町・

京都市内から大阪まで幅広く振袖のたくさんのご来店を頂いております。

成人式はもちろん、前撮り撮影、卒業袴、着物クリーニングなど。

振袖の事なら京都まるなかにお任せ下さい。

大切な人生の節目京都まるなかがサポートさせて頂きます!



緊急事態宣言が全国に出されてから数日が経ちました。自粛ムードが高まる中、皆様どうお過ごしでしょうか。
普段なかなか出来ないことに挑戦したりなど、それぞれのおうち時間を少しでも楽しく有意義なものにしたいですね。
マスクを作られる方もだんだん増えてこられ、店頭にさらしをお求めに来て下さってるのですが、只今品切れとなっておりご不便をおかけして申し訳ありません。
でも、私事ですが、さらし以外に何かないかなと思い、長襦袢に付ける刺繍半襟をマスクの生地分切ってマスクと半襟をお揃いにして楽しんだりしています。
どんな生地がマスクに合うかなと考えるのも楽しいですよ。

さて、成人式はお母様のお振袖を、とお考えの方はおうち時間の一つとして普段はなかなかできない「虫干し」をされては如何でしょうか。
振袖の状態もチェックできるので、天気予報をご覧になられて晴れの日が続く時にされることをオススメします。
まずは「着物ハンガー」をご準備ください。

まるなかの店頭で取り扱ってます着物ハンガーは、竿の部分を突っ張り棒のように長さを伸ばしたり縮めたりできます。
取り扱いが簡単なので着物の扱いに慣れてない方でも、袖を通す時に引っ張り過ぎてビリッとなるようなことはないです。
袖を通してから竿を伸ばしてくださいね。
帯かけも付いていますので帯も風を通してあげましょう。
着物の丈には「おはしょり」が加わるので洋服と同じ高さにハンガーをかけると裾を引き摺ってしまいますので、
自分の身長よりも20センチから30センチ以上高い場所をおうちの中で探してくださいね。直射日光が当たらなくて風通しの良い場所を見つけましょう。
振袖をタンスから出された時によくあるのが防虫剤の臭いがキツいというもの。

布用の消臭スプレーは絶対に使わないでください。水分が着物に付くと輪ジミになったり、生地が固く縮んでしまったりなどのトラブルになる可能性があります。
ある雑誌でプラズマクラスター機能の付いた扇風機を当てながらの陰干しがとても効果が高いことを検証されていましたが、普通の扇風機でも充分に効果が現れると思います。
換気をしっかり行い、扇風機を当てながらの陰干し、是非やってみてください。

ただし、臭いがまったく改善されない場合はもしかしたら着物にカビが生えている可能性があります。
もしくは防虫剤の併用で科学反応を起こしてしまっていたり、気化した物質が着物に付着して見えないシミになっている等が考えられます。
なかなか臭いが取れないと感じられたら、無理にセルフケアをなさらず、まるなかにお持ちこみ下さいませ。

虫干しやクリーニングをしたあとは振袖を正しく保管することがとても大事なので合わせてご紹介したいと思います。

○「桐タンス」は最も理想的な振袖の保管場所
桐はカビの原因となる湿気を吸う力が強い木材ですし、防虫効果も高く、昔から衣類の保管には桐と言われるゆえんです。
振袖、長襦袢、袋帯は1枚ずつ和紙の「たとう紙(文庫)」に入れます。
クリーニングに出したお振袖は普通の紙のたとう紙で戻ってくる場合が多いので、新品の和紙のたとう紙に入れ替えてからタンスに収納してください。
古いたとう紙は湿気を吸っているので、変色してるなと思われたら新しいものに替えましょう。
状態のいいお母様のお振袖の方に聞くと「桐タンスに収納している」と言われる方が多いのもうなずけます。

○「桐の衣装箱」ならクローゼットにもOK
今の住宅事情はご家庭にそもそもタンスがないことも多いですね。
衣装箱とは着物を二つ折りにしたサイズでしまえる専用の収納箱のことです。
お持ちの着物の枚数に合わせて一段のものから五段のタイプまで様々な深さのものがあります。
クローゼットにピッタリ入れられるサイズはタンスを一棹買うよりリーズナブルで、大事な振袖も安心してしまえます。

○「きものキーパー」なら桐タンスじゃなくても大丈夫
これ以上収納スペースも増やせないお金もかけたくないという場合には、着物専用の保管袋があります。
まるなかの店頭にもある「きものキーパー」は湿気、カビ、虫害から着物を守ってくれる機能性フィルムの収納袋です。
収納袋1枚に、振袖、長襦袢、袋帯の1セットが収納できます。それぞれ1枚ずつたとう紙に入れたものを入れて密封することで、5年間効果は持続します。
毎年の虫干しがどうしても面倒だと思われる方は是非試されてはいかがでしょう?

そして、大事なことは振袖を保管する場所は「通気性」が最も大切なので、桐タンスや普通のタンスも壁との間を10センチ程度開けて置くようにされると完璧です!お掃除もしやすいですしね。
クローゼットの中は大きめの除湿剤をこまめに交換し密集をさけるようにしてください。

どうぞ、皆様のおうち時間が幸せなものでありますように、わからないことがあればいつでもスタッフにお聞きくださいませ。

タグ: 京都まるなか  成人式  18歳誕生日  19歳誕生日  スタジオマリア  振袖小物  八幡市成人式  枚方市成人式  京田辺成人式  宇治市成人式  城陽市成人式  久御山成人式  京都市振袖  京都市成人式  宇治田原成人  成人式ヘアー  成人式メイク  振袖コーディネート  京都振袖  振袖メイク  はたち  振袖  晴れの日  京都振袖レンタル  振袖購入  振袖リメイク  ママ振り 

コメントの投稿

Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code