このページを編集する

地元京都に愛されて110年。 成人式の振袖選びなら着物専門店の京都まるなかへ。

ご来店予約はコチラ

 2019年3月  

SunMonTueWedThuFriSat
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
知って得する!まるなかブログ
振袖を着る時のメイク @京都まるなか
2019年03月18日 0 Comment
前撮り撮影や成人式当日のヘアメイクは、プロにお任せする方が多いと思いますが、いったい普段の洋服の時と振袖や着物の時のメイクは何が違うのでしょうか。

普段着ている洋服やスーツと振袖が全く別のものであるように、メイクも振袖にふさわしいものがあるのです。
そんな振袖に映えるメイクのやり方やポイントが解れば、今後の和装で、ご自身でメイクをされる時の参考にもなりますね。

ポイントはナチュラルメイクではなく、しっかりとメイクをすることです。
華やかな振袖を着ても顔がぼやけないように、気持ち濃いめのメイクにします。
そのポイントとして次の三つがあります。

①ベースはマット~セミマット
②顔に立体感を作らない
③アイメイクとリップメイクをポイントにする

詳しく見ていきましょう。
和装全般で共通しているのは、ベースはツヤ肌よりもマット系に仕上げることです。
これは、自分の着る振袖のイメージが、キュート系、クール系、モダン系、レトロ系などのどの系統であっても共通するメイクポイントです。
“ 陶器肌”と言われるように陶器のようにつるっとしたきめ細やかな白い肌が和装にはよく映えるのです。
やり過ぎると浮いてしまい不自然になるので、実際よりも少し明るめ程度を意識します。
化粧崩れを防いでくれる下地は必ず使います。
透明感が出て明るい印象にしてくれるパール入りのものがおすすめです。
ムラにならないよう顔全体に丁寧に塗っていきます。
陶器肌の印象を演出するために、シミやくすみ、クマをコンシーラーでカバーします。
しっかりとぼかして、厚塗りにならないよう気をつけます。
又、ファンデーションの油分を抑えて、メイク崩れを防ぐために、リキッドファンデーションやクリームファンデーションを使ったら、仕上げにフェイスパウダーを使用します。
しっかりとした仕上がりにしたい場合、皮脂の多いTゾーンを中心にパフで押さえるようにのせるのがポイントです。
ふんわりと仕上げたい方は、粉を調整しながらブラシを使って肌にのせていきます。
パウダリーファンデーションならツヤの少ないサラサラな仕上がりが期待できます。
境目が不自然にならないように耳や首にも馴染ませると綺麗に仕上がります。
特に首まわりは髪を上げることが多く目立つ部位でもあるので忘れないよう気をつけます。

ベースが綺麗に仕上がっていればそれだけで上品な印象になりますので、時間がかかっても丁寧にできる限り欠点のない肌を目指します。

次にアイメイクです。
まず、眉は顔の印象を左右するとても大事なパーツになります。細すぎや今流行りの太めナチュ眉は振袖には不釣り合いなので、緩やかなアーチ型のナチュラルな形を目指し、しっかりと描いていきます。
髪の色に近い色を選び、ブラシで馴染ませていきます。
目元のアイシャドウはベージュやブラウンのナチュラルな色味を基本として、可愛い雰囲気の振袖なら赤やピンクやオレンジ系、クールな雰囲気の振袖なら紺やカーキやパープル系のアイシャドウを目尻や涙袋に部分的に使うと華やかに仕上がります。
そして、振袖には欠かせないアイメイクにアイラインがあります。
普段のメイクではアイラインを引いていない人も、振袖には切れ長の目に見せるアイラインでくっきりとした目元を作っていきます。
黒いリキッドアイライナーがおすすめですが、振袖の雰囲気によってはブラウンのリキッドアイライナーを使うのもいいですね。
太めにラインを入れ、目尻は自然に5mmほど長めに引き綺麗な切れ長に仕上げます。
マスカラもしっかり塗ります。
つけまつ毛に慣れている人は目尻を強調するタイプのものをつけると簡単に目力が強調できます。

次にリップメイクですが、振袖メイクはしっかりと色をのせるのがポイントです。
普段は薄目の方も是非振袖に負けない華やかな色に挑戦しましょう。
振袖のお色がピンクや黄色などの薄い色の方はピンクやオレンジ系の口紅。
黒やグリーンなどはっきりした色の方は赤系の口紅を選びます。
グロスを少し重ねると柔らかい雰囲気になります。ラメやパールなどは入っていないものにします。

最後にチークですが、アイメイクとリップメイクとは違い、チークはできるだけナチュラルに仕上げていきます。
口紅と同系色でふんわりと仕上げていきます。
チークが濃いと幼く古めかしい印象になってしまうので気をつけます。
振袖メイクの主役は目元と唇なので、引き立つように上手く引き算をしていきます。

振袖を着る機会は成人式だけではないので、そんな時この振袖メイクを知っていればきっと役に立つはずです。
成人式のあとも様々な機会に振袖を着たくなるかもしれません。
ご家族にとっても振袖は沢山の嬉しい気持ちが込められているので是非沢山着て頂きたいと思います。

タグ: 京都まるなか  成人式  18歳誕生日  19歳誕生日  スタジオマリア  振袖小物  八幡市成人式  枚方市成人式  京田辺成人式  宇治市成人式  城陽市成人式  久御山成人式  京都市振袖  京都市成人式  宇治田原成人  成人式ヘアー  成人式メイク  振袖コーディネート  京都振袖  振袖メイク  はたち  振袖  晴れの日  京都振袖レンタル  振袖購入  振袖リメイク  ママ振り 

コメントの投稿

Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code