このページを編集する

地元京都に愛されて110年。 成人式の振袖選びなら着物専門店の京都まるなかへ。

ご来店予約はコチラ

 2019年1月  

SunMonTueWedThuFriSat
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
知って得する!まるなかブログ
振袖を着ている時に気をつける事 @京都まるなか
2019年01月10日 0 Comment

こんにちは、京都まるなか呉服店です。

昨日は寒い日が続いていますね。インフルエンザが流行っていますが、体調は大丈夫ですか?
暖かくして、風邪には十分気を付けてくださいませ。
当日は朝早いお嬢様方も多いです。前の日は早めにおやすみくださいね。

私達スタッフも成人式当日、皆さまをお迎えする準備の段階です。最終確認のお電話や、会場の準備、着付けの準備を進めています。
スタッフの間でも話題に出るのは、滞りなくお嬢様方を会場まで送り出せるか、どうすれば綺麗な振袖姿で1日楽しく過ごしていただけるかなんです。

まるなかはベテランのプロの着付け師によるお着付けです。普段着慣れないお着物なので、お嬢様が1日着ていてもしんどくない様に、基本的には、腰紐も1本で出来るようなお着付け方法で、且つ着崩れのないようにしております。
私も自分で着る時はこの着付け方法で着るのですがとっても楽です!

ただ、着崩れないようにお着付けはしていますが、1日綺麗なお姿でていただく為には嬢様方にも着物を着た時に注意していただき事や私が数十年に初めて振袖を着た時にこの時ってどうしたらいいの?っと思った事をご紹介させていただきます。

【振袖を着ている時に気をつける事】
無茶な動きをすると、どんなに美しく着付けても着崩れてきてしまいますので気を付けてくださいね。

                       

● 歩き方
洋服のように大股で歩いたり、大きく手を振って歩かずら、歩幅はいつもより、小股で、草履を引きずらないで歩きましょう。
バックは腕に掛けず、手で持ちましょう。

お草履を履かれる時、つま先をトントンすると草履に傷がつき、鼻緒が緩みます。ですので、つま先を立て、ぎゅーっと地面を押すようにしましょう

            タイトル
振袖を着ている時に気をつける事




内容

こんにちは、京都まるなか呉服店です。

昨日は寒い日が続いていますね。インフルエンザが流行っていますが、体調は大丈夫ですか?
暖かくして、風邪には十分気を付けてくださいませ。
当日は朝早いお嬢様方も多いです。前の日は早めにおやすみくださいね。

私達スタッフも成人式当日、皆さまをお迎えする準備の段階です。最終確認のお電話や、会場の準備、着付けの準備を進めています。
スタッフの間でも話題に出るのは、滞りなくお嬢様方を会場まで送り出せるか、どうすれば綺麗な振袖姿で1日楽しく過ごしていただけるかなんです。

まるなかはベテランのプロの着付け師によるお着付けです。普段着慣れないお着物なので、お嬢様が1日着ていてもしんどくない様に、基本的には、腰紐も1本で出来るようなお着付け方法で、且つ着崩れのないようにしております。
私も自分で着る時はこの着付け方法で着るのですがとっても楽です!

ただ、着崩れないようにお着付けはしていますが、1日綺麗なお姿でていただく為には嬢様方にも着物を着た時に注意していただき事や私が数十年に初めて振袖を着た時にこの時ってどうしたらいいの?っと思った事をご紹介させていただきます。

【振袖を着ている時に気をつける事】
無茶な動きをすると、どんなに美しく着付けても着崩れてきてしまいますので気を付けてくださいね。

                       図1

● 歩き方
洋服のように大股で歩いたり、大きく手を振って歩かずら、歩幅はいつもより、小股で、草履を引きずらないで歩きましょう。
バックは腕に掛けず、手で持ちましょう。

お草履を履かれる時、つま先をトントンすると草履に傷がつき、鼻緒が緩みます。ですので、つま先を立て、ぎゅーっと地面を押すようにしましょう

                       

● 車の乗り方、降り方
1.バックは先に中に入れます。
2.両袖を重ねて、左手で軽く持ちます
3.お尻から腰をかけて、右手で体を支えます。4.裾が広がらないように両足をそろえて、足を浮かせて、体ごと右に90度回転して車に乗ります。
5.車に乗ったら、膝まわりやお袖を整えます。
お尻から入ります。
6.帯が潰れてないように、浅く座りましょう。

降りるときは乗り方と逆に、シートから体を横に向け、両袖を左手に持ち、右手で上前を軽くつまみ、裾を少し上げて、ゆっくりと両足を外に出し、車の外にでます。

                          

●階段の上り降り
裾や袖を踏んでしまわないように、慌てずゆっくり。
袖を引きずらないように両袖を右手で持ちましょう。
左手で上前を少し持ち上げると上りやすいです。

                          

● お手洗い
まずは、ギリギリまで我慢しないで余裕をもって行くようにしてくださいね! 洋式トイレがいいですよ。

1.両袖を軽く結びます。
アドバイス→大きめのクリップや洗濯バサミを使用するのもいいですよ。

                        

2.結んだ両袖をくるみ込むように裾を上から順に、振袖の上前→下前→襦袢の上前→下前→裾よけ(和装スリップ)上前→下前をたくし上げ、それぞれを包み込むようにします。

                       

下ろす時は一度に下ろさず、逆手順で裾除け(和装スリップ)の下前→上前→長襦袢の下前→上前→振袖の下前→上前と1枚づつ下ろしていきます。

手を洗う際は、お袖が濡れないように注意しましょう。
◆鏡で全身をチェックしましょう!◆
(チェックポイントは下記)

●座り方
1.バックは椅子の背中に置く
2.裾が乱れてないように、左手で上前を軽く持ち、膝を揃えで浅めに座わりましょう。
膝が広がると上前がはだけていきます。
3.袖を左右の膝の上に重ね、その上に手を軽く置きます。

                        

背中が曲がっていると、帯があるのでお腹が圧迫されてしんどくなります。背筋はピーンと伸ばして座る方が楽ですよ。

●物を取る時
利き手と逆の手で、袖口を軽く抑えましょう

                        
●手を上げる時
腕を大きく上げると袖口から腕が丸見えになります。着崩れの原因にもなりますので、手を上げる時は、反対の手で袖口を押さえましょう。

写真撮影でピースをしたり、手をあげる仕草をする時も、腕が丸見えになってしまうともったいないです。気を付けてください。


                       

●ファーは勢いよく羽織らない
ファーは、やさしく、後ろの襟のカーブに沿ってまとい、左右のバランスを取りましょう。
室内で外した時は、利き腕と反対の腕に軽くかける様にしましょう。

【時々、自分の姿をチェックしましょう】
特にお手洗いに行った後、座って立ち上がった時
●おはしょりが上がってないかな?前も後ろも確認
 裏返っていたら、表に返し軽く撫でつけてください。

●帯が潰れていないかな?

●裾が折れて上がってないかな?

お嬢様の振袖姿をご両親をはじめ、お祖父様、お祖母様、ご親族のみなさま、ご友人方、皆さま楽しみにされていると思います。
お会いになられた時に素敵なお姿を見ていただきたいと思います。

お母様、是非、お嬢様方に教えてあげてください。

お嬢様、お洋服と違って少し慣れない事もあるかと思いますが、是非覚えておいてください。

当日、二十歳の素敵なお姿をご家族、お友達とたっくさん撮ってくださいね。

タグ: 京都まるなか  成人式  18歳誕生日  19歳誕生日  スタジオマリア  振袖小物  八幡市成人式  枚方市成人式  京田辺成人式  宇治市成人式  城陽市成人式  久御山成人式  京都市振袖  京都市成人式  宇治田原成人  成人式ヘアー  成人式メイク  振袖コーディネート  京都振袖  振袖メイク  はたち  振袖  晴れの日  京都振袖レンタル  振袖購入  振袖リメイク  ママ振り 

コメントの投稿

Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code