このページを編集する

地元京都に愛されて109年。 成人式の振袖選びなら着物専門店の京都まるなかへ。

ご来店予約はコチラ

成人式当日の流れ

いよいよ成人式! 懐かしい友達とも会うことですし、なにより二十歳という大人の門出となる大切で特別な一日です。ベストコンディションで迎えられるようにしっかりと準備したいものです。成人式当日は朝早くからとても慌ただしいので、事前に何をどのように準備しておくべきかおをしっかり掴んでおきましょう。これはお嬢様も親御さんも同じです。

成人式前日 最終チェックを抜かりなく!

ー前夜ー 
成人式当日は、朝早くから提携美容室や当店スタジオマリアに移動→着付け→会場への移動となります。
振袖姿という滅多にない姿でテンションは上がりますが、なにぶん、慣れない草履や裾さばきに、想像以上に体力を消耗します。
慌てることのないように、しっかり睡眠をとり、持ち物のチェックリストを作成し、忘れ物のないようにしましょう。
また、成人式が何時からスタートするのかをきちんと確認しておきましょう。
開演時間と受付時間が異なる場合があります。

持ち物リスト! 忘れ物はない??

成人式当日になって、見当たらないものが出てこないように、前日に必ずチェックしておきましょう。

ー持ち物リストー
成人式の招待状
振袖一式
髪飾り・かんざし
翌朝着る服
ネイル
つけまつげ
メイク直し道具
Uピン(ヘアを修正する時)
大きめのハンカチ
小さめのタオル
着物用クリップ(お手洗いの時便利)
ポケットティッシュ
スマホ

ネイル・つけまつげなど自分の好きなアイテムがあれば持っていく。
大きめのハンカチもしくは小さめのタオルは、食事の時や帯が緩んだ時使用できるので便利!
美容院までは靴で出かけるので、草履を忘れないように注意!
早朝予約になるので、早めに就寝を心がけましょう。

当日の朝/いよいよ成人式本番!

いよいよ成人式、朝早くからスタジオマリア、もしくは提携美容院へ向かいます。
朝が早いので、遅れたりすることがないように!
慣れない振袖も、プロの着付け師さんが丁寧に着付けをしてくれるから、 
ポイントさえ押さえておけば、着くずれしにくく苦しくないので安心です。

ヘアメイク

当日は、髪にはスタイリング剤などはつけずに、メイクも基礎化粧だけにしておきましょう。つけまつげやネイルなどお気に入りのアイテムがある場合は持っていきましょう。

着付け

振袖の着付けになれたプロスタッフが担当します。おおよそ30分程度で仕上がります。
着付けが終わった後、足を肩幅より少し広げて膝をちょっと曲げてみると、裾に余裕が生まれて歩くのが楽になります。
事前に習っていた振袖のときの歩き方を思い出しましょう。

会場へ移動

移動のときに気をつけたいのが振袖の着崩れやシワです。車に乗るときや降りるとき、
お尻から座席に入り、お尻を軸にして足を回転する要領で座ります。
そして、背中には大きな帯があることをお忘れなく! いつも通りに背もたれよりかかると帯が潰れてしまいます。
椅子には浅く腰掛けて、ちょっと前かがみ気味に座りましょう。
階段を上がったり、下がったりするときは、進行方向に対して斜めにして一歩ずつゆっくりと動きましょう。
袖は必ず重ねて手で持って。

成人式スタート

会場には、小学校時代のお友達、中学校時代のお友達など、懐かしい人達がたくさん。
まるっきり同窓会気分になります。でも、いくら懐かしくて楽しくても、式典の最中は口を閉じ、
上品に、おしとやかに振舞いましょう。それが大人のマナーです。

成人式が終わったら

同窓会が予定されていることもあると思います。もし振袖姿のまま参加するのなら、襟元に大きめのハンカチやナプキンなどを使い、着物が汚れないように注意しましょう。また、食べるペースも洋服のときよりもゆっくりと落ち着いて食べましょう。
レンタルの場合は一度着替えてから同窓会に出るほうが安心です。万が一汚してしまうとクリーニング代も高くつきます。